村井秀清、Minako mooki Obata
片渕監督の熱いリクエストに応えフューチャーされたmookiのスキャットを、村井秀清が管弦楽と見事に融合。ポップでキュートな全く新しい映画音楽誕生!
11月劇場公開されるアニメーション映画「マイマイ新子と千年の魔法」の音楽を彩る音楽は、mookiのアカペラ多重録音によるスキャット。 男性音域と女性音域をたった一人で柔軟にカバーする確かな歌唱力と、ポップセンス溢れるメロディが、50年前と千年前、そして今をつなぐ架け橋となった。
“声”の持つ魅力と可能性を活かしながら「スキャットを映画音楽にする」という難題を引き受けたのが、村井秀清。 元々メロディーメーカーとして定評のある村井が、自らの楽曲だけでなく、mookiのメロディも取り込んだ、音楽監督として取り組んだ意欲作。 スキャットがいつの間にか管弦楽に乗り代わり、スケール感のあるオーケストレーションへ、という離れ業を難なくこなしている。
“声”と“楽器”が対等に、真の意味でコラボレーションした、全く新しい映画音楽が誕生した。
「マイマイ新子と千年の魔法」 リリース情報 2009.11.05 RELEASE「マイマイ新子と千年の魔法」オリジナル・サウンドトラック マイマイ新子と千年の魔法
オリジナル・サウンドトラック
音楽:村井秀清
   Minako "mooki" Obata
「マイマイ新子」「シング」他 全33曲収録
CRSA1007 / \3,000(税別)

「マイマイ新子と千年の魔法」 劇場予告ムービー
インフォメーション 特典用音楽メイキング、追加撮影!
撮影風景 音楽の村井秀清とMinako"mooki"Obataを迎え、セル版DVDに収録する映像特典の目玉の一つである『メイキング映像』として、本編でスキャットを披露するMinako “mooki” Obataと、その歌声を見事に管弦楽と組み合わせたピアニストで作曲家の村井秀清のスペシャルインタビューを新たに収録しました!
なんと、演奏風景も収録!?
詳細はDVDをお買い求めの上、存分にお楽しみ下さいませ!
DVDの詳細情報は公式サイトにて公開中!

マイマイ新子と千年の魔法 公式サイトはこちら
イベントレポート 周防国府交流祭 〜「マイマイ新子と千年の魔法」の世界 in 国衙
山口県防府市国衙公園での野外上映会は、天候に恵まれ、満天の星空の下、たくさんのお客様がお越し下さいました。
防府天満宮の宮司さんたちによる雅楽演奏、防府少年少女合唱団の歌唱に続き、村井秀清とMinako"mooki"Obataのミニライブが行われました。
曲目は、「シング」「麦畑」「貴伊子」「ともだち」の4曲。二人揃っての出演は、昨年の渋谷マイマイ・オールナイト以来です。
その後、片渕監督、原作の樹のぶ子さんを交えてのトークショー。
日没後に、巨大なスクリーンでの野外上映でした。
上映終了後、ファンの方々も交えての懇親会では、時間がたつのも忘れる程の、楽しい時間を過ごしました。
防府の方々から、今後も野外上映を続けていきたい、という嬉しい声も。
映画公開から2年近い月日が流れても、未だに消えないマイマイの火に、関係者一同感謝しきりの夜となりました。
[第16回KAWASAKIしんゆり映画祭] Minako -mooki- Obataによるミニライブが開催決定!
8月22日(日) 16:30〜 神奈川県川崎市立麻生小学校の校庭
小学校の校庭での野外上映!マイマイ初野外上映!!
本作の音楽を担当するMinako"mooki"Obataによるミニライブが開催決定!
Minako"mooki"Obataが教鞭を取る、昭和音楽大学の生徒さん9名がコーラスで参加。
多重録音のスキャットを生で“合唱”実演されました!
当日のライブの映像はこちらからご覧いただけます。
片渕須直監督 トークイベント『Roots Of Sunao Katabuchi』
2010年6月19日(土)東京・渋谷シアターTSUTAYAで、片渕須直監督作品「マイマイ新子と千年の魔法」「アリーテ姫」「ACE COMBAT 04 shattered skies」と「ピアノの森」の4本のオールナイト上映イベントが催されました。 都内有数の音響を誇る劇場での「マイマイ新子と千年の魔法」の上映の後、深夜24時過ぎよりまずは、村井秀清とMinako"mooki"ObataのLIVE。『Sing』『麦畑』『貴伊子』『ともだち』の4曲を披露。軽妙なMCとアドリブを交えた演奏で、観客を魅了しました。 その後、ニッポン放送アナウンサー吉田尚記の進行で、片渕須直監督、イラストレーター開田裕治、落語家立川談之助によるトークイベントが、行われました。 このLIVEとトークイベントは、UStream.TV とニコニコ動画でWeb生中継され、現在もUStream.TVにて、ご覧になることができます。
UStream.TVはこちら
片渕須直監督 トークイベント『Roots Of Sunao Katabuchi』
2010年6月12日(土)東京・阿佐ヶ谷ロフトで満員のお客様をお迎えしたのは、片渕須直監督、アニメーション評論家の氷川竜介、「BLACK LAGOON」プロデューサーの小倉充俊。そして、「BLACK LAGOON」原作の広江礼威も飛び入りで登壇。 片渕監督がアニメーション監督になるまでの歩みや、「マイマイ新子と千年の魔法」「BLACK LAGOON」制作当時の舞台裏、制作秘話などを映像も交えてのトークショー。 Minako"mooki"Obataは、「BLACK LAGOON」双子編エンディング曲『The World of Midnight』をアカペラで歌唱。「マイマイ新子と千年の魔法」の音楽をスキャットで担当した際の裏話なども披露しました。 「マイマイ新子と千年の魔法」「BLACK LAGOON」の秘蔵&新作映像も公開され、7月の両作品のDVDリリースが待ち遠しい夜、となりました。
4月に台湾国際児童フィルム祭にてオープニング上映!!
台湾国際児童フィルム祭とはアジアで児童のために初めて設立された、映画・テレビ番組の映画祭。
2004年に初開催以降、毎回約20ヶ国から集まった約300作品が上映されています。 2010台湾国際児童フィルム祭公式サイトはこちら
2010.03.31 マスコミ試写&記者会見
台北の繁華街の一つ、西門町のシネコン「今日秀泰影城」でのマスコミ試写。その後、mookiのパフォーマンスと記者会見が行われました。
新聞、雑誌、ネットメディアの他、台湾公共電視のカメラも入っての大きな扱い。
mookiの音楽性や、今回の映画音楽作りの話題と、映画祭や台湾での公開に関してのもの。
記者たちからは、
「懐かしい風景と子供の心情が丁寧に描かれており、後半の新子とタツヨシには胸が熱くなった」
「前半は宮崎アニメのようだと思ったが、中盤以後の独自性に引き込まれた」
など、好意的な感想が送られました。
2010.04.01 映画祭オープニング上映
オープニング上映は、台北一の繁華街、信義ショッピングエリアにある、「信義威秀影城」というスクリーン数が20以上あるシネコンで上映されました。
一般用のチケットは売り切れ。多くの親子連れで賑わいました。
エンドロールはほとんど見られないお国柄にもかかわらず、上映終了後には大きな拍手が!
観客の中には、大粒の涙を流したオジサンも。台湾の映画関係者からも「素晴らしい作品だ」と絶賛されました。
mookiは上映後、パフォマーンスとご挨拶。
終了後、mookiは親子連れや、海外のゲストなどに囲まれて、なかなか外に出られません。
ロビーに出たら、今度は観客の子供達のサイン攻め。
映画と共に、mookiの歌声と映画音楽が台湾の観客を魅了しました。
Idea Digital Studio 東京ミッドタウン オープニング記念インストアLIVE
イベントは終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
開催日時 : 11月12日(木)16時30分〜 / 11月14日(土)1回目14時〜、2回目16時30分〜
開催場所 : 東京ミッドタウンガレリア 3F「Idea Digital Studio(イデアデジタルストゥディオ)」
出演 : Minako "mooki" Obata
入場方法 : 観覧はフリーです。11月12日(木)東京・六本木の東京ミッドタウンにオープンする、Apple製品取扱販売店「Apple Premium Reseller」の「Idea Digital Studio」。そのオープニング記念としてのインストアライブです。

Idea Digital Studio 東京ミッドタウンのオープニングイベントの模様が
ニコニコ動画内の「マッドハウス公式チャンネル。」でご覧になれます。
村井秀清&Minako Mooki Obata『マイマイ新子と千年の魔法』オリジナル・サウンドトラック発売記念ミニライブ&サイン会
イベントは終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
村井秀清&Minako"Mooki"Obata『マイマイ新子と千年の魔法』オリジナル・サウンドトラック発売記念ミニライブ&サイン会
開催日時 : 2009年11月23日(月・祝)17時
開催場所 : タワーレコード渋谷店 4F イベントスペース
ものがたり
「マイマイ新子と千年の魔法」 ものがたり  舞台は昭和30年代の山口県防府市・国衙。
 おでこにマイマイ(つむじ)を持つ小学3年生の少女・新子は、おじいちゃんから聞かされた千年前のこの町の姿や、 そこに生きた人々の様子に、いつも想いを馳せている。  彼女は、さまざまな空想に胸をふくらます女の子であり、平安時代の小さなお姫様のやんちゃな生活までも、 まるで目の前の光景のようにいきいきと思い起こすことができるのだ。
 そんなある日、東京から転校生・貴伊子がやってきた。
「マイマイ新子と千年の魔法」 ものがたり  都会とは大きく異なる田舎の生活になかなかなじめない貴伊子だが、好奇心旺盛な新子は興味を抱き、お互いの家を行き来するうち、 いつしかふたりは仲良くなっていく。  一緒に遊ぶようになった新子と貴伊子は同級生のシゲルや、タツヨシたちとともに、夢中になってダム池を作る。そして、そこにやってきた赤い金魚に、 大好きな先生と同じ「ひづる」と名前をつけ、大切に可愛がるようになる。やがて新子たちは、学校が終わるとこのダム池に集まって過ごすようになっていた。
 しかし、ふとしたことから「ひづる」が死んでしまい、それを機に仲間たちとの絆も揺らぎ始めていく。そんななか、 新子は「ひづる」そっくりの金魚を川で見かけたという話を聞き、貴伊子や仲間たちと金魚探しを始めるのだった。
 そして、みんなの心が再びひとつになりかけたその時…。
マイマイ新子と千年の魔法 公式サイト
村井秀清 作・編曲家 村井秀清 大学卒業後、米国ボストン・バークリー音楽院に留学。1993年帰国。 帰国後ピアノ・キーボード奏者として活動を開始。現在は、自己のトリオShu-Kay-Manで活動中。
作曲家としてもNHK「世界ふれあい街歩き」「プロフェッショナル仕事の流儀」の音楽などTV・CD・CMなどで活躍中。

official web site
Minako mooki Obata シンガーソングライター Minako mooki Obata 1995年『WE HAVE A DREAM』でビクターエンタテインメントよりデビュー。以後3枚のオリジナル・アルバムを発表。
ソロ活動のほか、作家として楽曲提供やコーラスとしてのツアーやレコーディングの参加、ヴォーカルディレクションやヴォーカルコーチとしての活動もおこなっている。

official web site